トップ  >  貯水槽塗装補修

貯水槽塗装補修

貯水槽塗装補修

県知事許可登録 福岡県12貯第659号
 
貯水槽も劣化していきます。割れたりはがれたり。

そうなると綺麗な水どころか、水の供給がストップします。
洗浄の時にこのような部分も点検させていただき、綺麗な水のために提案させて頂きます。


貯水槽の塗装が剥がれると、大変なことになります。

貯水槽の劣化の第一段階は通常塗装の劣化です。
「太陽光による光酸化分解」
「天候の変化による水分、湿気、ふく射熱」
「大気汚染による酸化分解」
といった、様々な自然現象の影響を受け、少しずつ徐々に劣化します。
そして塗装が劣化するとFRP繊維やステンレスがむき出しになり、
亀裂が発生する原因になります。

特に水槽内に太陽光の透過する状況になると、
タンク内に太陽の光が入り込み藻が生えてきます


まずは第一段階でメンテナンスを行いましょう。

点検はこまめに行い、塗装に何か問題を感じたら、お早めに塗装補修を行うことを
おすすめします。

この工事は高耐候性塗料や高遮光性塗料で表面処理を行うことにより
耐候性向上と劣化の進行防止と同時に貯水槽の寿命を延ばします。

こんなことに気がついたら 迅速な塗装補修が必要です!

 

1 FRP繊維が見えたらすぐ塗装補修が必要



FRPタンク外面からみた劣化状況です。

このように劣化しFRP繊維が見える状況であれば
すぐに塗装工事が必要です。
 

タンク塗装面をさわって塗料がついたら
すぐ塗装補修が必要


FRPタンク外面塗装面を手でなでるだけで、
手に塗料がついてしまう場合は劣化が進行しています。


これを白亜現象と言います。
このような場合も早めに塗装工事が必要です。

塗装補修処理の流れ

1 タンク外面洗浄



下地に付着したチリやホコリを高圧洗浄し、清掃します。

2 タンク外面下塗り塗装



最初に遮光性塗料(黒・光を通さない塗料)を塗布します。

3 タンク外面上塗り塗装



エポキシ系塗料を2度(2回)塗りします。

4 竣工


 

安全でおいしい水を飲んでください

プリンタ用画面
前
飲料水水質検査採取業務
カテゴリートップ
TOP
次
貯水槽漏水修理

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google